ガラスコーティング(車・バイク)はリボルト東京EAST店へ

リボルト東京EASTは東京都江戸川区篠崎街道沿いに店舗を構え、東京東エリア~千葉県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。リボルト独自の高度下地処理技術【Revolt Adjust System】と低分子量・次世代ガラスコーティング剤【リボルト・プロ】を使う事で、市場に出回っている量販ガラスコーティングと比較して、耐久性・防汚性に優位性を保っております。MAIL:revolt@revolt-tokyo-east.com

東京/千葉カーコーティングProショップ【リボルト東京EAST】

【リボルト東京EAST閉店のお知らせ】
◆この度、入居しているテナント物件の大規模改修工事に伴いリボルト東京EAST店を3月末日をもちまして、 閉店させていただく運びとなりました。長きにわたり当店にお寄せいただきましたご高誼に心から感謝申し上げます。メンテナンス・新規のコーティングなどは、同じグループ店であるリボルト千葉、もしくはラディアス川崎をご利用いただければ幸いです。本当にありがとうございました。

【リボルト千葉】
〒260-0027千葉県千葉市中央区新田町39-8
TEL:043-215-7474
FAX:043-215-7475
Mail:revolt@revolt-chiba.com

【ラディアス川崎】
〒211-0051川崎市中原区宮内3-8-5
TEL:044-281-8610
FAX:044-281-8612
Mail:info@nihonchisui.com


リボルトロゴ

【紫外線を軽減!NEWトップコート!!】
この度、開発に2年をようし紫外線軽減(UVカット)効果のある「トップコート」を新たにリリース致しました。
carcoating-bikecoating-tokyo-chiba.jpg

【リボルトプロ】
ガラス濃度100%・無溶剤のコーティング剤。進化版完全硬化型ガラスコーティングの【リボルトプロ】。
詳しくは【こちら】
1315026888_300x199.jpg
ご予約・お問い合わせなどは下記メールアドレス、
もしくは右メニュー内のお問い合わせフォームより送信をお願いいたします。
※直接ご来店の際は、コーティング施工作業中の場合やカーイベント出向、店舗裏プレミアコース専用作業場にいて十分な応対ができない場合もありますので、当日で構いませんので事前にお電話頂けたら確実ですので宜しくお願いします。


【リボルト東京EAST店】
〒132-0013東京都江戸川区江戸川1-28-1
TEL&FAX 03-3698-3021
MAIL revolt@revolt-tokyo-east.com

リボルトプロコーティング【次世代ガラスコーティング】

◆現在市場に出回っている硬化型ガラスコーティングはポリシラザン系、シロキサン系、シラン系がほとんどで、ブランド名は違えども、原料はこのどれかを使用しております。これらはいずれも分子量が大きいタイプのもので、無機の汚れ(ミネラル、カルシウムなど)を引き寄せやすいという性質があります。その無機汚れを引き寄せやすい性質をカバーするためにフッ素、シリコンオイルなどを含んだトップコートにてベースコートを守る手法が一般的になっております。我々はその点を憂慮し、従来の対処療法的な対応ではなく、根本からの改良を行いました。従来のコーティング剤の技術の延長ではなく、まったく違う新しい技術にて硬化型ガラス被膜を作りだしました。ポイントは次の通りです。

(1)従来のポリシラザン系・シロキサン系・シラン系のような分子量が大きなタイプではなく分子量を小さくした硬化型ガラスコーティングになります。無機のガラス被膜が無機の汚れを引き寄せやすいというのは、分子量が大きなタイプに見られる特有の性質のようです。分子量が小さい場合でもそれ自体は無機ではありますが、分子量が大きなものに比較すると無機の汚れは引き寄せにくいという性質を持っています。分子量の違いがガラス被膜の性質の違いに現れています。

(2)分子量が小さくなることで、塗装の緻密な表面にしっかりと入り込みアンカーの役割を果たします。これによってコーティング被膜が取れにくく、効果が長期間維持しやすくなります。また被膜の表面がより緻密で平滑になることで、汚れが付着しにくくなります。

(3)分子量が小さいことは、ガラス被膜としての安定化にもなります。ポリシラザン系のガラス被膜の膜厚は1μm未満ですが、我々の低分子量ガラス被膜は3~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。この圧倒的な膜厚により被膜自体の耐久性が増し、ボディ塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たしております。

(4)分子量が小さいという事は分子量が大きいものに比べ、分子配列の調整がしやすく、その調整により被膜自体の性質を変える事が出来ます。その技術を利用することで、ガラス被膜に撥水の性質を与える事が可能になりました。つまり従来のコーティングが行ってきたようなフッ素やシリコンオイルなどを付加し、強制的に撥水効果を与えるのではなく、分子配列の調整によりガラス被膜自身に撥水という性質を与え、長期間にわたる撥水効果を維持出来るようになりました。他にも被膜の膜厚を厚くするという性質を与えることも出来ます。この膜厚の調整は次期バージョンにて対応していきたいです。

(5)Newリボルトプロはガラス濃度100%・無溶剤です。一般的な量販ガラスコーティング剤は溶剤を入れて濃度を薄くしている事がほとんどです。しかしクオリティ重視のため、作業性は犠牲にし濃度100%・無溶剤を実現しました。メリットは下記となります。

◆膜厚のアップ
◆耐久性の向上
◆艶・輝きアップ
◆硬化時間の短縮

Newリボルト・プロは従来の技術の延長ではなく、新しい技術により開発された新しいガラスコーティング剤です。
まさに、次世代のガラスコーティングと言えるでしょう。ラディアス、リボルト各店にて順次提供していきます。

【Newリボルト・プロの撥水持続性の簡単な実験のページはこちらをクリック!】

今回リボルト・プロだけがリニューアルするのではありません。実は下地処理技術も大きく進化いたします。

【新研磨技術・『New Revolt Adjust System』の詳細はこちらをクリック!】

これからもリボルト/ラディアスグループはお客様のお車のため、進化を続けます。

  • pic_revolt_pro_188x96.jpg

    Newリボルト・プロ / Revolt Pro

    【リボルト・プロ被膜イメージ】 ◆リボルト・プロは、従来広く使われていた硬化型ガラスコーティングである高分子量重合体ガラス被膜ではなく、最新技...

  • pic_revolt_188x96.jpg

    リボルト / Revolt

    【リボルト被膜イメージ】 リボルトはリボルト・プロと同様に従来のガラスコーティングに付きまとうイオンデポジット(雨シミ)・ウォータースポットの...

  • pic_revolt_light_188x96.jpg

    リボルト・ライト / Revolt Light

    【リボルト・ライト被膜イメージ】 リーズナブルに価格設定したガラスコーティングコースです。ボディ塗装への下地処理(磨き)につきましては、上位コ...

  • pic_revolt_light_nonpolish.jpg

    リボルト・ライト / Non Polish~新車限定コース

    【リボルト・ライト(Non Polish)被膜イメージ】 納車後、約1か月程度の新車限定のリーズナブルなコーティングメニューです。 下地処理(...

お知らせ/更新情報